占いツクール

占いツクール。
ベースの機能は「あなたの今日の運勢は?」「あなたは異世界に転生したら何になる?」などの診断が簡単に作れ、遊べるサイトだ。

スポンサーリンク

作り手は占い、選択肢、数パターンの診断結果を書く。この時、占いを遊ぶ人のことを「(名前)さん」と記述する。

読み手は自分の名前を入力し、数問の選択式質問に答えたりフローチャートを辿ると、書き手が「(名前)」と書いた部分に自分の名前が入れ込まれ、「マツダさんは異世界に転生したら魔法使いです!」などと診断してもらえる。

私も自分の名前を入力してみたら、韓流アイドルグループと同級生になって恋するマツダの小説や、ヒロアカ(『僕のヒーローアカデミア』)の雄英高校に通うマツダの小説などが読めてしまった

スポンサーリンク

夢小説文化の凄いところは、職場の女子たちの反応からもわかる通り、一定の年齢になると卒業し、新しい人が入ってくるというユーザーの新陳代謝が激しいことだ。

前述の死んだオタク女子たちを揺り起こして夢小説の話を聞いていくと、「友達が夢小説を書いて毎日FAXで送ってくれた」「ルーズリーフに夢小説を書いて交換していた」などとヤバい話がごろごろ出てきて聞いているこっちも死にそうである。

「夢小説」は実に20年以上のも間、10代オタク女子の通過点として存在し続けている

 

「占いツクール」は、元々占いサイトであったゆえだろう、小説を執筆・閲覧するのに最適化されているとは言い難い。複雑で、少しコツがいる。
しかし、10代女子を惹き付けるのは、IT企業が気にしがちな「シンプルで使いやすいUI2)」では、おそらくないのだ。
まずは、大手小説投稿サイトが軒並み有していない「名前変換機能」があること。そして雑多さが魅力かと思う。

小説じゃなくても、こんな占いを見ていると「自分もちょっと面白い占いを作ってみようかな」と思える。

以前、「小説を書こうと思っていない人」が、内的衝動を喚起されて書くようになるサイトが爆発的ヒットを産むと書いた。「占いツクール」はその雑多さが、まさに衝動を喚起するようにできている。

スポンサーリンク

2019/02/08

Copyright© 【詐欺!】かほりのおめぐ実が効果ないってホント?悪い口コミが多い?本音の体験談・評判をレビュー! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.